コーチングの”答えはクライアントの中にある”の本当の意味

“答えはクライアントの中にある”

これ、コーチングの大原則です。コーチは答えをもちません。
”おそらくここに解決策があるだろう”というコーチの考えのもとにセッションを進めると、
誘導尋問のようになります。その場合、たいてい信頼関係が崩れてクライアントが心を閉ざしてしまうか、ぐるぐる問題の周りを回ることになります。(ああ耳が痛い、笑)

この言葉って本当はどんなことを意味しているんでしょうか?

コーチングの答え=解決策ではない

コーチングは会社の面談等でもよく活用されていますが、解決策を一生懸命部下から引き出そうと”どうしたら出来ると思う?””何が原因だったんだろうか?”と質問攻めにする方がいます。

実は私もコーチングを学び始めてすぐは、答え=解決策だと思っていて府に落ちなかった。そこでコーチに言われたのが
”あなたの思う答えってなんですか?”

そこでハッとしました。え?コーチングのテーマへの解決策じゃないの??

コーチングをしたり、又は自分自身が受けている人は経験したことがあると思いますが、セッションの冒頭で話したいと思っていたことと、全く違う自分の思いに気づくことがよくあるんです。

つまり答え=解決策ではない。もっというと”今は明確なビジョンがない”という答えにたどり着くこともあるし、そもそも問題が問題ではなかったと気づくこともあります。

そこからコーチと一緒に新しいゴールを描くこともできるし、自分が本当は何を求めているのか明確にすることもできる。コーチングが一度では中々成果がでにくい、継続で受けたほうがいい、と言われる所以ですね。

大切なことはその答えがクライアント自身から生まれたものだ、ということ。人から指摘されたわけではない、自分の思いだからこそ、次のステップに進めるのだと思います。

そう考えると答え=クライアントの本当の思いにも近いかもしれません。コーチが答えを持てるわけないです、はい。

コーチに求められるのはフラットでいること

答えを導き出すためにコーチが唯一できるのは、クライアントの見ている絵を一緒に描くことです。できるだけカラフルに、細かいところまで明確に。クライアントが目指すゴールがクリアであればあるほど、達成する速さもレベルも上がります。

だからキャンバスは真っ白でなければいけません。コーチの思い込みで、セッションの前から絵を描くと、そのイメージに引っ張られます。
”この辺に太陽がありますよね?”とか、”本当はビルを建てたいんじゃないですか?”とか、直接的にではなくともコーチの姿勢に表れていると、クライアントは話す気が失せてしまいます。
あくまでもフラットに。フラットに。

ポイントは解釈を入れずに事実だけを見るということ。

例えば新卒の部下が”入って2か月もたつのに全然任せてもらえない”と相談をしてきたとしましょう。”下積みは大切だし、まだ技術も無いのに何言ってんだ。”と思うとしたら、そこには完全に解釈が入っています。

もし事実だけを見るなら
・この部下はチームに加わって2か月たっている
・上司に相談をしてきた
・今、仕事を任せてもらっていない、と部下は感じている

となります。そのうえで部下がじゃあどうなりたいのか、を引出す。

ここで”もっと仕事を任せてほしい”という答えが出てきたら、任せないといけないんですか?、という声が聞こえそうだけど、相手の意見を受け入れることと、受け取ることは別物です。

失敗しながら学ばせる、という手法で任せてもいいし、仕事を任せてもらえるようにどんなステップをふんだらいいか一緒に考えてもいい。どっちでもいいです。

ただ相手の意見を一度受け止める(コーチングでは認める、という言い方をします)ことは、とっても大切。受け止めてくれない人に対して人は心を開きません。

あ、因みに解釈は決して悪者ではありません。解釈のない世界はつまらない。私たちの解釈が世界をつくっているから。ただ、一度フラットに事実を見て、自分の解釈を選べるようにする、そんなイメージです。(Points of You®はこの”事実をみる&解釈が人によって違う”を強烈に味わえます。)

 

できるだけ解釈をいれず、まずはフラットに相手の話を聞く。コーチングだけでなく、普段の生活に取り入れてみると、面白い変化が起きますよ。

Points of You®の世界