>>> ★残席1★【京都 10/20(日) 】自分の強みを見つけて行動を加速させるPoints of You® ワークショップ

ストレングスファインダー®の5つの魅力とは?

米国の調査会社Gallup(ギャラップ)が提供している強み発見ツール、
”ストレングスファインダー®”。

WEB上の診断テストへのアクセスコード付きの書籍、
「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」は、
2001年の発売以来、日本でも累計50万部を超えるベストセラーとなり、
世界中の1800万を超える人々が、このツールを活用しています。

そんなストレングスファインダー®に秘められた5つの魅力とは。

自分の中に眠る才能が見つかる

ストレングスファインダー®では才能を以下のように定義しています。

”思考・感情・行動の自然な繰り返しのパターン”

アクセスコードを使って診断テストを受けると、34個の資質(似たような才能のグループ)から、自分だけのTop5を知ることができます。
他人よりも得意なことでも、それがあまりにも無意識レベルだと、自分でも気づいていないことが多いもの。

”え?私ができるんだから皆だってできるでしょ??”
それが意外とそうでもないんです。

34資質から生まれるTop5は、なんと3300万通りもあります。
単純計算でいくと日本人の4人に1人しか、同じ並びのTop5を持っていないわけですね。

またTop5のうち4つが同じ資質でも、最後の一つが違うだけで、それはまったく違う強みとなって現れます。
まさにあなたにしか出せない強みを見つけることが出来るのです。

常に成果を出せるようになる

診断テストを受けてから
”う~ん、私の強みってこれかあ。確かに当たってはいるけど、、、”
で終わっている方、意外と多いのです。

実は、テスト結果はまだ強みの種。
無意識の状態では、才能は強みになったり弱みになったり、成果も安定しません。
日常生活で意識し続けることで、上手くコントロールできるようになり、一定の成果を出せるようになっていきます。

あなたらしいやり方が見つかる

就職などの場面でも注目されているストレングスファインダーですが、Top5の資質が教えてくれるのは
「What(何を)」ではなく「How(どうやって)
の部分です。

例えば自分の考えをまとめたいと思った時、「内省」の資質がTop5にある人が、一人で静かに考える時間を必要とするのに対し、「コミュニケーション」の資質が顕著な人は、他人と話すことで考えをまとめます

日々の生活の中で上手くいかないことは”努力が足りない”のではなく、単に自分には合わないやり方をしていただけ、ということも多いのです。

本屋にあんなにもたくさんの成功ノウハウ本が並んでいるのは、成功者の数だけ違うやり方があるから。
あなただけの成功パターンが見つかると、色んなことがグッとスムーズになります。

ありのままの自分を認められるようになる

「強みにフォーカスすることで成果をあげる」というのがストレングスファインダーの本質ですが、
「じゃあ弱みは無視するの?」という方もいるでしょう。

資質には二面性があります。

その資質がTop5にあるから発揮できる強み、そしてあるからこそ出てしまう弱み。
自分の資質への理解が深まると、その弱みもまた自分らしさをつくっている大切な要素だと気づきます。

自然体の自分で成果を出せるようになる

人は自分に対して否定的な思いを抱いている時、成果を出すことが難しいものです。
成長するにつれ、周りの意見や様々な情報に影響をうけ、あなたがこどもの頃から持っていた才能は、眠ってしまったのかもしれません。

あなたは何が得意で、何が苦手なのか。どんなことに喜びを感じ、どんなことに怒りを感じるのか。
強みも弱みもまるごと、ありのままの自分を受けとめるとき、一番自然なあなたが表現されるように思います。

自分への肯定的な思いはあなたを強くします。
新しいことにチャレンジしたり、自分を守るための殻を破って、成長する勇気をくれるのです。

ストレングスファインダー®は、あなたがあなた自身に出会うのを助けてくれるツール。

さあ、自分を目覚めさせる旅にでてみませんか?

ストレングスファインダー®を受けるには?ストレングスファインダー Story「大切なのは既にあるもの」