“普通は~”という台詞がでるのは、ストレングスファインダーのどの資質?

ストレングスファインダーの資質には、それぞれよく使う口癖というのがあります。

少し前にクライアントの方から
”普通は~という口癖がでるのは、どの資質ですか?”という質問をされました。

これ、とってもいい質問なんですよね~!
(因みにこの方は学習欲が上位)

実は”普通は~”をよく使う資質というのは存在していません。
しいていうなら、個別化の人は”人それぞれ”が口癖なので、
”普通は~”をあまり使わないと思います。

ただし才能が未開花だと自分の強みは誰でも出来ること、
と思っている方が多いので、
どの資質であっても”普通は~”という台詞が出ます。
例えばこんな感じです。

普通、こういうこと言ったら相手が傷つくってわかるじゃないですか ➔共感性

普通、分からないことあったら調べるじゃないですか ➔学習欲、収集心

普通、やり始めたことは最後までやりきるじゃないですか ➔責任感

因みに個別化も
”普通、人それぞれ違うって分かるじゃないですか”
を言う可能性があります。

”普通は~”の後に出てくることは
あなたが自然と出来ていること(行動や思考のパターン)です。
別の言葉でいうと、あなたが気づいていないあなたの強み。

あなたはどんな”普通は~”を言っていますか?

 

ストレングスファインダーの才能と資質と強みの違いとは? ストレングスファインダー®の5つの魅力