>>>【お知らせ】5/21~5/26の業務について

扉は叩いたものに開かれる<POINTS OF YOU®の世界>

少し前のPOINTS OF YOU®の講座で参加者の一人から、このツールの開発者であるヤーロン・ゴーラン氏が「POINTS OF YOU®に興味が無い人に、興味をもってもらうにはどうしたらいいか?」という問いに対して、こんな風に答えたと聞きました。

「POINTS OF YOU®の扉は、叩いたものにだけ開かれるんだよ。」

ヤーロンの故郷イスラエルはキリスト教の聖地でもあって、聖書にもこれと同じ言葉があるのですが、私はむしろとてもコーチらしい言葉でもあるなあと感じました。(ヤーロンはコーチです。)

誰かが扉を開けてくれるのを待つのではなくて、自ずから扉を叩いて中に入る。POINTS OF YOU®のワークショップや養成講座は全国色んな場所で開催されていて、つまり扉はたくさんあるのです。それを叩くタイミングは人それぞれ違っていて、早く扉をあけることよりも、自分で扉を叩くこと、自分の選択に主導権を持つことに意味があります。

”私はもう扉を叩いたんだっけ?”

何かが上手くいかない時、特に自分が蚊帳の外にいるように感じるときには、こう問いかけてみると良いかもしれません。それは誰かに分からないことを尋ねてみたりするような、小さな行動かもしれない。でも、冒頭の言葉には実は続きがあるのです。

「扉は叩いた全ての人に開かれる。」