>>>【お知らせ】5/21~5/26の業務について

プロフィール

Coaching Labo LIBERTEの由来
名前の由来はフランス語の「LIBERTE=自由」から。上司としても、社員としても、人としても。”こうでなければいけない”という鎖で、自分自身を縛り付けていた時代がありました。
本当は、自分の中にある自分らしさを解放するだけでよくて。自分の声に、耳を傾けるだけでよかった。

何にも縛られない自分らしさを大切にできるように。唯一無二のあなたらしさを解放できるように。
そんな想いが込められています。


代表 大原亜希
三重県生まれ
米国GALLUP認定ストレングスコーチ
POINTS OF YOU®認定トレーナー
銀座コーチングスクール認定コーチ
1.共感性 2.個別化 3.内省 4.包含  5.着想  6.学習欲 7.親密性 8.コミュニケーション 9.成長促進 10.ポジティブ

職人として16年間、東京や京都、海外のパティスリーやフレンチレストランで腕をふるってきました。その内3年はフランス、2年半はオーストラリアでの勤務経験があります。多国籍の職場で、コミュニケーションをどのようにとるか、どうやって人を育てるかは、常に私の課題でした。

帰国してから勤めたブライダル関連のベンチャー企業2社で、人材育成にコーチングを取り入れていたことをきっかけに、私はコーチングに興味を持ち始めます。特にそのうち1社は「GPTW(Great Place to Work)=やりがいのある会社ランキング」で毎年上位に選ばれるような、サービス業の世界でも一風変わった会社。ストレングスファインダーをはじめとするコーチングを取り入れた育成方法は、社内文化にしっかりと根付いていて、それは今の私のコーチとしての基盤を作ってくれました。

「職人からプロコーチなんてずいぶん真逆の世界にきたんですね。」と、時々驚かれることがあります。でも実は、繋がっている部分がたくさんあると私は感じています。
例えば、コミュニケーションはいつも自分との対話から始まります。職人時代にずっと、「私は何を表現したいのか」を自分自身に問いかけていました。お皿の上で、自分が表現したい自分らしさは何なのかを。

コーチングは創造的な思考のプロセスを通して生み出される対話(コミュニケーション)です。自分、食材、作品、表現したい風景。様々な点と点を繋ぐ創造力は、ずっと私の中にあったもの。

2018年に独立してから、個人と組織の強みを引き出すサポートをしています。様々な方とお話ししていて思うのは、コーチングの要となる創造力は全ての人が幼いころには持っていたものだということ。ほんの少し感性の扉が開けば、本来持っている創造力が表にでてくるのを、セッションの間にも感じることができます。

点を増やし、自分で選択肢を生み出す力。そして点と点を繋ぎ、自ら選択する力。これらは人生を切り開く力に他なりません。私らしさを様々な視点から伝えてくれた人達がいました。私もまた、あなたが、あなたのチームが、一番強みを発揮して輝ける状態に近づけるように、成長をサポートしていきます。