>>>【一時休業のお知らせ】2024/05/21(火)~2024/6/6(木)

目と目を合わせて ~Eye to eye~

石灰質で作られた入江「カランク」。濃い深海のような青と、晴れ空のような青の対比が面白い景色だ。

そんなカランクを見に行こうとマルセイユに行ったら、駅から港までの道で完全に迷子になった。南フランスの明るい街のイメージとは裏腹に、犯罪もとっても多いマルセイユ。道のど真ん中で地図を広げるのは、ちょっと気がひける。
 
通りかかった優しそうな年配の女性を呼び止める。
「すいませんマダム。マルセイユのかたですか?」

迷子になってしまったんだけど港に行きたいの、と言うと、丁寧に行き方を教えてくれた。
「この道を歩いてまっすぐよ。メトロ(地下鉄)は…ややこしいか。トラム(路面電車)に乗ってもいいけど、それならここで降りて歩くといいわ」

”Merci, bon journee Madame!(ありがとう、素敵な1日を、マダム!) “
”Merci, vous aussi!(ありがとう、あなたもね!)”

フランスは別れ際がいつも気持ちいい。電車で隣に乗り合わせたときも、ツーリストオフィスで道を尋ねても、お店に入って商品を買っても買わなくても。

”Au revoir, bon journee!(さよなら、素敵な1日を)”

と言ってお別れする。しかも笑顔で視線を合わせて。多分もう2度と会うことのないひとからの言葉に、フワリと柔らかい気持ちになるから、知ってるひとからの「素敵な1日を」はもっと嬉しい。


別れるときに気持ちのいい人になりたい。

日本にいるとつい照れ臭くて、視線を合わせることをためらったりするけど、言葉以外のコミュニケーションって本当に素敵だと、フランスで改めて感じた。 
 
言葉は嘘をつけるけど、視線は嘘をつけないから。
「あなたにとって、素敵な一日になりますように」
そんな思いを視線に込めて。

Points of You「たまには目を閉じてみる」