>>>【オンライン 9/27(日)】わたしのIKIGAI(生き甲斐)「世界が求めていること」

Points of You®アカデミーについて

Points of You®アカデミーとは?

Points of You®アカデミーとは、イスラエルにあるPoints of You®本部が立ち上げた、世界統一規格の養成プログラムです。
2019年11月1日より、日本国内でも運営が始まっており、世界基準のプログラムを各地で受講することができます。

実は日本では2014年から、イスラエル本部に認定された独自の養成プログラムを行っていました。
今回はその講座をベースに、Points of You®本部によってプログラムが一新され、Points of You®アカデミーとして生まれ変わりました。

(Points of You®について詳しくは、以下リンク先をご覧ください)

Points of You®の世界

Points of You®アカデミーのプログラムの特徴

私自身が、このPoints of You®アカデミーのプログラムに参加してみて、強く感じたこと。
それは「体験」に重点を置いているところです。

Points of You®は、独自のファシリテーションのメソッドを持っています。
ですが、「Live Workshop(ライブワークショップ)」と呼ばれるプログラムの中で、講師から知識を教わる時間はほとんどありません。

その代りにアカデミーのワークショップでは、参加者自身が自分と向き合い体験することを、とても大切にしています。
メソッドを教わりたいと思っていると、ついメモを取りたくなりますが、
「指示するまで、メモは取らないでください。あなた自身の体験に集中してください」
と、最初に言われるほどです。

Points of You®では、人が自分を知り成長していくそのプロセスを「Journey(旅)」と呼んでいます。
私がアカデミーのプログラムを受けたとき、ファシリテーターはこんなことを言いました。
「あなたが旅したところまで、誰かをガイドできるのよ」

ファシリテータ―自身が、 Points of You®を通して深い体験をしていること、自分と向き合い旅を続けていること。
これは、クリエイティブな体験を参加者に提供することが出来る、このツールを扱う上でとっても大切なことだと私は思っています。

Points of You®アカデミーの4つのレベル

Points of You®アカデミーには、4つのレベルが存在しています。

・L1/Hello Points ワークショップ
・L2/Creative Practice ワークショップ
・L3/Turning Point プログラム
・L4/Top View プログラム


学びを深めていくには、L1から順番にワークショップに参加していくことになります。
では「上級レベルに進まないと、ツールを使いこなせないの?」というと、実はそういう訳でもないのです。

Points of You®は元々、コーチングを身近な生活の中に持ち込めるように作られたツールでした。
その精神はもちろん今も変わっておらず、初級講座を受けた後、家族や友人と使ったり、会社のチーム内で活用したり、教育の現場などで使われている方もいます。

それでは、レベルの差は何なのでしょうか?
私はL1からL3までを受講していますが、上に行くほど引き出しが増える=ファシリテーターとしての知識が増える、という印象です。
また体験を重視しているワークショップなので、個人差はもちろんあると思いますが、上のレベルに行くほど自分自身がより深い体験を出来る、というのもあるかもしれません。

アカデミーでどこまで学びを深めるかは、それぞれのお好みで。
個人的なおススメは、アカデミーでもオリジナルでもいいので、様々なファシリテーターの開催するワークショップを体験してみることです。

ツールというのは、使い手が変わると、ガラリと印象が変わります。
Points of You®の名前の由来にもなった、たくさんの「Point of view(視点)」に出会うために、 是非色んなファシリテーターに会ってみてください。

最新のイベント開催日程最新のイベント開催日程

次は4つのレベルについて、順番にご紹介しますね。

L1/Hello Points ワークショップ

ライブワークショップの時間:6時間
受講資格:どなたでも
認定名: Points of You®Explorer(エクスプローラ―)

Points of You®の世界への最初の扉、それが「L1 Hello Points Workshop」。
このツールの魅力が散りばめられた一日の体験型ワークショップです。

内容の詳細や、私自身が参加してみた感想は、別ページにまとめました。

Points of You®L1 Hello Points ワークショップとは?

L2/Creative Practice ワークショップ

ライブワークショップの時間:16時間(2日間)
受講資格:L1修了者
認定名: Points of You®Practitioner(プラクティショナー)

Points of You®のユニークなメソッドを学び、ツールをよりクリエイティブに使い始めるための2日間「L2 Creative Practice ワークショップ」。
ワクワクするような、とても深いワークが魅力的なワークショップです。

内容の詳細と、私が参加してみた感想は、別ページにまとめました。

Points of You®L2 Creative Practice ワークショップとは?

L3/Turning Point プログラム

ライブワークショップの時間:5日間
受講資格:L2修了者
認定名: Points of You®Expert(エキスパート)

テクニックの裏側にある、Points of You®の哲学について学ぶ、5日間の「L3 Turning Point プログラム」。
このパワフルなコミュニケーションツールの売り物は、実はカードではなくコンセプト。
自分の生き方そのものに影響を与えるような、とても印象的なワークショップです。

内容の詳細、私が参加してみた感想は、別ページにまとめました。

Points of You®L3 Turning Point プログラムとは?

L4/Top View プログラム

ライブワークショップの時間:7日間
受講資格:L3修了者のうち、イスラエル本部が認めた人
認定名: Points of You®Master(マスター)

大空を飛ぶ鳥のように、広い視野を持ち、「マスター」と呼ばれるファシリテーターになるためのプログラム「L4 Top View プログラム」。

私もまだ参加したことがないので、全く内容がわかりません。。。。。。
L3プログラム以上に、深いプロセスを経験することになるのは確かでしょう。
いつか参加できるといいなあ。私の夢の一つです。

Points of You®アカデミーの資格/「修了」と「認定」

Points of You®アカデミーのそれぞれのプログラムを終了すると、それに対応する国際資格を取得できます。
名称は以下のとおりです。

L1/Explorer(エクスプローラー)
L2/Practitionner(プラクティショナー)
L3/Expert(エキスパート)
L4/Master(マスター)

ちょっぴりややこしい(?)のは、この国際資格「修了」と「認定」という、二つのステップがあること。

「修了」とは、既定の時間数を受講したことを証明するもの。
「認定」は、それぞれのレベルに応じて設定された課題(オンライン講座の受講や、規定時間数のファシリテーター練習など)を提出したのち、発行されるものです。
(例外的に、L1 Hello Points ワークショップのみ課題が無いため、6時間のワークショップ終了後、「認定エクスプローラー」となります)

旧養成講座で資格を取っている場合は?

この項目はPoints of You®アカデミーがスタートする以前に、資格を取得されている方へのご案内です。
「エバンジェリスト??なにそれ?」という方は、読み飛ばしてくださいね。

2019年10月14日以前に資格を取られている方で、Points of You®アカデミーの流れに、まだついていけていない方もいると思います。
結論から言うと、基本的に何も変わりません。
今までどおりPoints of You®のカードを使ってワークショップを開催できますし、企業や団体などで使用することができます。

変更点は資格の発行元で、これまで「国際資格」だったものが、「国内資格」に変わります。

(例)国際資格エバンジェリスト⇒国内資格エバンジェリスト

また新制度アカデミーのL4認定名が「マスター」になるため、旧制度のマスタートレーナーの名称が変わります。

(旧)国際資格マスタートレーナー
 ↓
(新)日本資格アドバンストトレーナー

旧養成講座で資格を取っている方は、Points of You®アカデミーを受講することで、国際資格の取得やアカデミーのワークショップの開催が可能になります。
一律の再受講価格がそれぞれのレベルに設定されていますので、興味のある方は各ワークショップを開催するファシリテーターにお問い合わせください。
(コーチングゲームなどのツールはありませんが、各レベル限定カードセットや、キャンバスバック、テキストブックなどがもらえます!)

Points of You®アカデミーに参加した後は?

このパワフルなツール 、実は資格をとらなくても、フォトカード単体だけ購入することも可能なんです。
ですが、Points of You®アカデミーに参加して得ることが出来る一番の価値は、Tribe(トライブ)に入れることだと個人的には思っています。

Tribe(トライブ)とはPoints of You®で、資格者を呼ぶときの言葉。
本来は部族を表す英語です。
Points of You®という共通言語を持ち、同じ価値観を共有している、仲間達です。

私はコーチングをベースにした様々なコミュニティに参加していますが、Points of You®のトライブのコミュニティの特徴は、とにかく「安心できる」こと。
コミュニケーションツールとして、コーチだけでなく臨床心理士やセラピスト、カウンセラー。それ以外にも学校の先生や企業の人事として育成に携わる人など、様々な背景の人がいるからかもしれません。

とにかく多様な視点に出会えるし、職種に関わらず「人」として尊敬できる方がたくさんいらっしゃいます。
トライブ内での勉強会やイベントも盛んで、Points of You®を使い続け、学びを深める上でも、とても価値があると思います。

自分と向き合い、成長していく旅には、仲間がいると心強いんですよね。
私もいつも、他のトライブから、刺激をもらっています。前に一歩踏み出すのが怖いとき、勇気をもらうこともあります。

「Everything is O.K.(何があっても大丈夫)」
そんな風に感じられる場所です。

あなたも、あなただけのPoints of You®の旅を、始めませんか??
いつか旅路のどこかで、出会えますように。

Points of You®アカデミー最新の開催日程

最新のPoints of You®アカデミーの開催日程はこちらから!
詳しく見る