>>>【新大阪 5/23(土)】自分の取扱説明書(トリセツ)を手に入れる!ストレングスファインダー®ワークショップ

「自分を旅する3か月プログラム」を受けたお客様の声まとめ

「自分を旅する3か月プログラム」を受けたお客様からの声の一覧です。

このプログラムに興味がある方、受けるかどうか迷っている方は、実際に受けたクライアントさんに起きた変化や、プログラムを受けた期間に感じられたことを参考にしてみてください。

(19歳 男性)
Q セッションを受ける前にどんな課題や疑問がありましたか?

A 
【課題】
・自己肯定感が低いこと
・人間関係が上手くいかないこと
・問題の解決策が見つからないこと
・自分のことがよく分かっていないこと
・これから何をすればいいか分からないこと
・現状の停滞感から将来が不安に感じていること

【疑問】
・何をやりたいのか?
・自分の強みと弱みが何か?
・自分の勝ちパターンは何か?
・どうやったら不安を取り除けるのか? 
 

Q セッションを受ける前と後で、どんな変化がありましたか?
A 
・自信が付いた
・自己肯定感が上がった
・自己否定の回数が減った
・目標を達成するのが上手になった
・停滞感による不安と焦りが軽減した
・考え方の癖が変化して、考え方の幅が広がった
・自分の性質を理解して、自分を受け入れられる範囲が広がった

Q 印象に残っているのはどんなことですか?
A 
・恩送りという考え方
・『与えて貰えるのは、あなたに価値があるから』という言葉
・コーチングでは、日常生活の些細な体験も、自分を理解する糧になること
・目標を達成した後、何が得られるかについて考えることで、行動のやる気が上がったこと

 

Q どんな人に、このセッションを勧めたいですか? 
セッションに興味がある人、全員にオススメしたいですが、

・自分のことをもっとよく知りたい人
・目標はあるけど、行動が出来ていない人
・現状に停滞感があって将来のことが不安な人

この3つに当てはまる人には、特にオススメしたいです。

 

Q その他感想を自由にお書きください。
A 
たくさんの事を学ばせて頂きました。
コーチングを通して、
・自分のことを知る
・やりたいことを明確にする
この2つのことを特に達成することが出来ました。

なので、2020年は更にたくさんのことに挑戦出来そうで、今から楽しみです。 僕にとっては、お話しをして、話をちゃんと聞いてもらって、解決策を一緒に考えてもらう体験が新鮮で面白かったです。
亜希さんに、セッションをして頂けて良かったです。3カ月間ありがとうございました!!

(30代 女性 マネージャー)
Q セッションを受ける前にどんな課題や疑問がありましたか?

A 仕事に対するモチベーションの低下がありました。大きな不満は無いけど、これからしたいことやなりたいものがない。日々にマンネリ感を感じていました。
今後の自身の目指す方向性が見えず、また自分自身が自分の事をどう感じているのかわからなかったので、何となく八方塞がりになっているような感覚がありました。
 

Q セッションを受ける前と後で、どんな変化がありましたか?
A 少しずつ自分の気持ちを否定せず、ちゃんと自分が受け止めてあげられるようになりました。自身の良いところもダメダメな所も自分で認めることができ始めました。
また、自分が好きなこと、やりたいこと。楽しいと感じること。得意なこと。などがはっきりしました。

Q 印象に残っているのはどんなことですか?
A 毎回宿題を出してもらっていたのですが、 「自分がこの世からいなくなる時にどんなお葬式にしたいか。」 「人生を終える時に周りの人から言われたい言葉」という課題が印象に残っています。
人生が終わる瞬間を想像した時に、改めて自分の大事にしている価値観や、こういう人でありたい!という自分が望む自身のあり方に気づけました。

 

Q その他感想を自由にお書きください。
A 自分が感じていることをうまく言葉にできなかったり、詰まってしまっても、いつも優しく穏やかに聴いてくださるので、安心して素直にお話することができました。また亜希さんの職人時代のご経験のお話も私にとっては新鮮で、為になるお話も沢山聞かせていただけました。
回を増すごとに自己理解が深まっていったので、毎回のコーチングがとても楽しみであっという間の3ヶ月でした。楽しい時間をありがとうございました^^

設定するテーマによっても、3か月後に得られるものは変わってくるのですが、毎回クライアントさんの真っ直ぐに取り組む姿勢に驚かされます。

プログラムに関する質問は、いつでもお気軽にお問い合わせくださいね!

自分を旅する3か月プログラム

自分自身ととことん向き合う3か月を過ごしてみる。
自分を旅する3か月プログラムで出会うのは、「わたしが知らない私」でした。
詳しく見る