>>>【オンライン 9/26(日)】旅するストレングスファインダー vol.1「RPGから知る才能(じぶん)」

ストレングスファインダーの診断結果の見方/5つのレポ―ト

ストレングスファインダーの診断テストを受けると、Gallupに自分専用のアカウントが出来て、色んな情報を見ることが出来ます。ただ、このサイト少々日本語が分かりにくかったり、ページ遷移すると急に英語になったりしちゃう……フルに活用するのにちょっとコツがいるので、レポートの種類や内容について解説していきます。

ストレングスファインダーのレポートは5種類

自分専用のGallupページのメニューから「レポート」をクリックすると、以下のような5種類のレポートを見ることが出来ます(34資質を全て出している場合)。

①クリフトンストレングス34レポート
②ストレングス・インサイトガイド
③マネージャー向けクリフトンストレングスレポート
④自分だけの特徴的な資質レポート
⑤資質の順位レポート

TOP5のみ診断している場合

レポートの並びが若干変わります。①は「34のクリフトンストレングスを明らかにする」になり、⑤のレポートはありません。

Gallupは世界でも有数の世論調査の会社なので、とにかく分析は得意分野。良くも悪くも提供される情報量がすさまじく多いのですが、基本的に上から順番に大事なレポート、と考えていただければいいかなと。

それぞれのレポートの内容や特徴について、ひとつずつ見ていきましょう。

クリフトンストレングスとは?

日本では「ストレングスファインダー」という名前でお馴染みのこのツール。提供元Gallupはこのツールの名称を2004年に「クリフトン・ストレングスファインダー(Clifton StrengthsFinder)」に変更、その後似たような強み診断テストが増えたこともあり、現在の正式名称は「クリフトンストレングス(CliftonStrengths)」となっています。(日本での浸透率はまだまだストレングスファインダーのほうが高いため、このウェブサイトでも記事内の名称はストレングスファインダーに統一しています)

①クリフトンストレングス34レポート

このレポートでは以下3つのポイントをおさえて、読みましょう

POINT

①あなたの〇〇(資質名)がユニークな理由
②ポテンシャルを最大化する行動をとる
③盲点に注意しましょう

①あなたの〇〇(資質名)がユニークな理由
この項目にはあなたの資質の特徴が5つ書かれています。資質のダイナミクス(組み合わせ)を意識して、かなりカスタマイズされた説明になっており、同じ内省でもここに書かれていることが人によって全く異なります。内容から判断するに少なくとも上位10位の順番が考慮されているようです。どの言葉に惹かれるか、またはしっくりこないか、考えてみましょう。

②ポテンシャルを最大化する行動をとる
才能は磨いてはじめて強みへと進化します。この項目には、この資質を開花させるための行動のヒントが書かれています。ピンとくるものから、チャレンジしてみましょう。

③盲点に注意しましょう
盲点は自分では見えにくいところ。例えば他者の眼にどのように映るのかや、この資質の傾向からどんな穴に陥りやすいか、の注意点が書かれています。普段の自分を振り返ったときに、成果を出す妨げになっていないかを確認する糸口になるかもしれません。

6~10位の資質については、少し短いバージョンで同様にポテンシャルを最大化するアイディアや盲点について説明があります。

またここから、「11位以降の資質の捉え方」「弱みについて」「4つのグループの強みの領域」「TOP10を活かす行動アイディア」「34資質の順序(資質の順位レポートと内容は同じ)」と説明が続きます。セルフコーチングが出来る人は、ここにある質問をガイドに自己理解を深めることも出来ると思いますが、中々一人では難しい領域かな、というのが正直な感想です。

まずはTOP5やTOP10をしっかり読み込んで、出来る所から行動を起こしてみましょう。「もっとしっかり腹落ちさせたい」「成長スピードを上げて才能を開花させたい」という方は、ストレングスコーチとの個別セッションを受けたり、ワークショップに参加すると、腑に落ちない点を質問できますし、自己理解&成長ともに格段に早くなるかと思います。

②ストレングス・インサイトガイド

TOP5資質の自分用にカスタマイズされた説明です。(34資質をアンロックしていない場合でも、上位10位ぐらいまでを考慮した内容になっています)34資質を全て出している人はクリフトンストレングスレポート34と重複している箇所があるので、最後の質問だけTOP5をより深く理解するのに使ってみると良いかもしれません。

POINT

①共有する資質の説明
②独自の強みの洞察
③質問

①共有する資質の説明
この資質の一般的な特徴です。

②独自の強みの洞察
あなた仕様にカスタマイズされた、資質の特徴を説明しています。内容はクリフトンストレングスレポート34に書かれているものと同じです。

③質問
1)独自の強みの洞察を読んだときに、どの語句、文言が印象に残りますか。
2)この洞察にあるすべての才能のうち、あなたが他者から最も認めてもらいたいと思う才能はどれですか?

5つの資質全てについて上記二つの同じ質問が書いてあります。
マーカーでチェックしながら、自分なりに質問に答えてみましょう。プロファイリングなどセッションを受ける場合にも、レポートの印象的な部分から広げていくと、自分の日常と繋げていくことが容易になり、内容が腹落ちしやすいかと。

③マネージャー向けクリフトンストレングスレポート

2021年5月27日にリリースされたばかりの、新しいレポートです。当初は英語版しかなかったのですが、日本語でもレポートを読めるようになりました。人生全般での才能について書かれた通常のレポートと違い、こちらは「マネージャーとしての才能」に特化して書かれています。(このレポートを見るためには、別料金が必要です)


マネージャーやチームのリーダーなど、組織の中で他者を率いる立場にいる、または後輩がいて指導する立場にいる方にとっては、興味深いアイディアが満載なのでおススメです。また現在プロコーチとして活動している、またはマネジメントに活かすためにコーチングを学んでいる方には、コーチとしての自分の強みを探求するのにも使えるので、是非見てみてください。

レポートについて詳しくは、別ページにまとめています。

【新】マネージャ―向けクリフトンストレングスレポートとは?/コーチの「強み」発見にもおススメ

④自分だけの特徴的な資質レポート

上位5つの資質についての詳しい説明です。カスタマイズされたものではなく、一般的な傾向が書いてあるので、資質の基本的な特徴をおさえるのに役立ちます。

⑤資質の順位レポート

自分の34資質の順番と共に、各資質の簡単な説明が書かれています。(内容はカスタマイズされたものではなく共通)

セッションを受ける時のおすすめのレポートの使い方

5つのレポートについて理解することは、旅の準備をするようなもの、と思っていただくといいかもしれません。ストレングスコーチからセッションを受ける場合にも、事前にレポートを読んで「理解できるところ」「理解できないところ」を明確にして、質問をリストアップしておくと時間を有効に活用できます。

もちろん読まずにセッションを受けることも可能ですが、その場合にはセッション後に再度レポートを読んでみることをアツくお勧めします。
特にクリフトンストレングスレポート34やストレングス・インサイトガイドは、あなただけの才能の特徴を表わしていて、成長のためのヒントがたくさん詰まっています。数十分のセッションで一人の人の才能を全て扱うことは到底できないので、セッション間の時間も有効に使っていきましょう。

診断を受けてからちゃんとレポート読んだことなかった、という方も是非是非また読み返してみてくださいね。ストレングスファインダーは診断を受けたところがスタート地点。そこからどのように活かしていくかが才能を開花させる鍵になります。

「一人では中々難しい~!」という方は、ストレングスコーチのサポートも上手く活用してみてください!

ストレングスファインダー®の強みを活かす3つのステップ ストレングスファインダー®「強みの種はどう育てる?」
Coaching Labo LIBERTE 自分を旅する3か月プログラム