>>>【オンライン 9/26(日)】旅するストレングスファインダー vol.1「RPGから知る才能(じぶん)」

【新】マネージャ―向けクリフトンストレングスレポートとは?/コーチの「強み」発見にもおススメ

マネージャー向けクリフトンストレングスレポートとは?

2021年5月27日にリリースされた、ストレングスファインダーの新しいレポートです。通常のレポートとの違いは、「マネージャーとしての才能」に特化していること。チーム内での活かし方、メンバーとの関わり方、などなど、明日からマネジメントに取り込めるアイディアやヒントが書かれています。

ストレングスファインダーを活用する上で、才能を活かしたい領域を特定して対話することは大切なポイントです。通常のレポートを使ってコーチとセッションを行う場合も、仕事で活かしたいのか、時間管理なのか、人間関係なのか、一緒に探求していく領域を明確にしてから話を進めていきます。

今回新しく手に入れられるマネージャー向けレポートは、正に「マネージャーとしての自分の才能」を理解し、成長させたい人にとっては、明確な視点を手に入れる機会になりそうです。また仮にマネージャーではなくても、人の育成に関わるコーチ、教師、人事関連のお仕事をされている方などにとっても、応用できるコンテンツだと個人的には感じました。

マネージャー向けレポートの金額

マネージャー向けクリフトンストレングスレポートは、現在単品またはセットでの購入が出来ます。

①¥4,680
マネージャー向けクリフトンストレングス
 
②¥9,370通常¥10,530
マネージャー向けクリフトンストレングス + クリフトンストレングス34

①を購入する場合、すでにクリフトンストレングスTop5/34を診断していてアカウントがあれば、再度テストを受けることなく、マネージャー向けレポートを見ることが出来ます。

②はまだ一度も診断を受けたことが無い場合には、セット商品なのでお得。TOP10だけではなく全体像を見たい方や、以前の診断がTop5のみなので34資質を全部見たい方にも。 

マネージャー向けレポートの内容

Contents

《上位10資質について》

  1. この資質がどのように成功に貢献しているか
  2. この資質がどのように成功の妨げとなりうるか
  3. この資質の活かし方のヒント
  4. アクションへの質問

①この資質がどのように成功に貢献しているか
この資質のもつ傾向性が、チームが成果をあげる上でどのように役立つか、について書かれています。成果と一言でいっても、意思決定、プロジェクトの進め方、人材育成など様々な切り口があるので、3つの異なる視点から説明しています。普段の仕事の中で、思い当たるエピソードがあるか考えてみましょう。

②この資質がどのように成功の妨げとなりうるか
この資質のもつ傾向性が、チームが成果をあげる上で邪魔をしてしまうパターンについての説明です。全ての資質に二面性があるので、上手くコントロール出来ていないと、せっかくの才能が道を阻んでしまうこともあります。特にチームを率いている場合は、自分にとっては当たり前のことが周りにどう映っているのか、など盲点(Blind Spot)を把握しておくことも大切なポイントです。

③この資質の活かし方のヒント
メンバーとの関わり方やチームでの仕事の進め方、自分自身のマネジメントのコツなど、この資質を才能から強みに開花させていくための行動のアイディアが4つ提案されています。自分の才能を使ってどんなふうにチームに貢献できるか、チームの成果をあげていけるか、自分なりのリーダーシップのスタイルを見つけるヒントになるかもしれません。

④アクションへの質問
マネージャーとしての自分の才能を理解し、行動に繋げるための質問が各資質2つずつ書かれています。それぞれの資質の傾向性にフォーカスした、ユニークな視点からの質問ばかりなので、コーチをつけている方は、この問いからセッションを始めてみるのも面白いかもしれません。

マネージャー向けレポートの活用術(コーチ、教師などに応用する)

マネージャー向け、となっているこのレポートですが、マネージャーに限らず育成に関わる仕事をしている方にも、かなり使えるコンテンツだと思います。

特にコーチの方にとっては「自分のコーチングスタイル」を磨いていくための、切り口になるかもしれません。レポートの各項目は、コーチングの成果に役立つ資質の使い方、コーチングの成果を妨げるパターン、相手へのアプローチのヒント、などに置き換えて考えることが出来るので、そこから自己理解を深め、自己成長へと繋げるアクションも浮かんできそう。教師の方は、チームメンバーを生徒、に置き換えてみるといいかもしれないですね。

ストレングスファインダーの醍醐味は「人それぞれ得意なスタイルがある」。コーチはこうあるべき、教師はこうあるべき、と一本化して正解を作るのではなく、自分なりの得意なやり方を、自分が持っているものを使ってクリエイティブに生み出していくことをサポートするツールです。

正解は色々ある」という言葉が響く方、自分なりのスタイルを見つけて行きたい方は、是非レポートを見てみてください!

リリースされたばかりのマネージャー向けクリフトンストレングスレポート。今後おそらくアップデートなどもあると思うので、また情報が追加されたらウェブサイトでもお知らせしていきます。

コーチングとはコーチングって何?【2021年最新版】 ストレングスファインダーの診断結果の見方/5つのレポ―ト
Coaching Labo LIBERTE 自分を旅する3か月プログラム