>>>残席3【新大阪1/25(土)】自分の取扱説明書(トリセツ)を手に入れる!ストレングスファインダー®ワークショップ

ストレングスファインダー®「強みの種はどう育てる?」

ストレングスファインダー®は性格診断ツールではなく、才能の育成ツール。
診断結果で分かる才能は、「強みの種」とも言えるので、そこから育てていくことが大切です。
クライアントさんからよくいただく質問は、「では、どうやって育てればいいの?」
人も自然界の一部なので、ここでは植物の育て方に例えて書いてみます。

才能に光を当てる

光は植物の成長にとって欠かせないもの、光が無ければ種は芽を出すことも出来ず、土の中に埋もれたままです。
ストレングスファインダー®でいう才能は「無意識の感情・思考・行動のパターン」なので、診断を受けた段階では、強みの種は土の中にいるようなものです。
自分では認識できていないことですから。

「強みの種」を育てる上で、まず一番最初にやってほしいのは、「光を当てる」ことです。

光りを当てるとはどういうことかと言うと、才能を知る、ということ。
植物はそれぞれ育て方が違います。
才能もまた、他の人と同じ育て方ではなく、自分だけの育て方があります。
そのためにはまず、自分の持っている種がどんな強みの種なのかを知る必要があります。

光りを当てるときのポイントとしては、その種の特性を多面的に見つめ、あらゆるところから光を当てます。
強み使いだけ、弱み使いだけ、ではなく、どんなときにどんな風に働くのか、その奥には自分のどんな価値観があるのか、とことん光を当てるのです。

日常生活はもちろんのこと、過去の経験にまで遡って、才能について知ることができると、種の育て方も分かりやすくなります。

才能に水をやる

水は命の源です。
どれだけ元気が無くなった植物でも、たっぷり水をやると、驚くぐらい生き返ります。

強みの種にも、水が必要です。
その人の命の源になる水がなんであるのかは、人それぞれ違っています。

一人でゆっくりすること。
気の置けない友人と過ごすこと。
新しい学びを始めること。
世界に旅に出かけること。

もしくは、誰かの笑顔をみることや、誰かの前でプレゼンすること、という人もいるかもしれません。

ストレングスファインダー®で見つかる才能が強みとして活かされるときは、「他者のために使う」とき。
でもそれって、あくまでも自分の中に満たされた水が、溢れ出るときに起こるんじゃないかと思うのです。

よく「自分へのごほうび」と言ったりしますが、あれは自分の中の水が枯れているのを感じて、やることなのかなあと。
植物は水が足りなさすぎると、根が痩せて水分を吸収しにくくなってしまいます。

限界まで我慢して水をやるのではなく、必要なタイミングで水をあげること。
それが強みの種を良い状態で育てていくのに、役立つのではないかと。

才能の周りの環境を整える

植物は、水辺ですくすくと成長するものもいれば、砂漠の中で強く生きぬくものもいます。
自分の才能が、どんな環境下で成長していくのかを知り、環境を整えることも大切です。

例えば、
・どんな人に囲まれているのか
・どんなものに囲まれているのか
・どんな場所にいるのか
・どんな状況が起こりやすいのか
などは、成長に影響を与えます。

また、成長に必要な環境は、必ずしも「居心地がいい環境」ではないかもしれません。

植物は常にたっぷり水を与え続けると、土の中に水を探しに行く必要が無いので、根が深く張りません。
浅く表面に張った根だと、強い風などで、倒れやすくなってしまいます。
一方で必要なタイミングでのみ水を与えている、時々土が乾いた状態だと、植物は生きるために水を得ようとして、土の深い所まで潜っていきます。
つまり根っこが深くなり、風にも負けないぐらい強く育つんですね。
人の成長にも、似ていると思いませんか?

「コンフォートゾーンを超える成長の4つの領域 」にも書いたのですが、人が成長するときには、少し居心地の悪い場所を通過することになります。
自分に無理をさせる必要はありませんが、すこしだけ背伸びできる環境に身をおくことも、強みの種を育てる上で大切なことかもしれません

以前私の尊敬するポーランド人のコーチが言ってくれた、とても印象的な言葉があります。

「誰しも愛されたいと思っているし、受け入れてほしいし、自分の存在が誰かにとって価値のあるものだって感じたいの。でも私たちはどこかで、自分の美しさや可能性やその純粋さを疑うことを、学んでしまうみたい。
自然から学びましょう。花はその美しさを咲き誇らせることを躊躇ったりしない。木は自分を他の木と比べたりせずに、枝を伸ばしている。スズメは自分の翼に満足していて、タカを羨んだりしないわ。」

自分だけの才能がどんな花を咲かせるのかを、大切にしたいですね。
それはきっと、自分が生きる世界や、自分の人生そのものを、美しくしてくれる気がします。

資質のプロファイリング

ストレングスファインダーは診断結果をどう活かすかが鍵。
自分の才能と日常を繋げる、資質のプロファイリングを受けてみませんか?
詳しく見る

自分を旅する3か月プログラム

自分自身ととことん向き合う3か月を過ごしてみる。
自分を旅する3か月プログラムで出会うのは、「わたしが知らない私」です。
詳しく見る