>>> ★残席1★【京都 10/20(日) 】自分の強みを見つけて行動を加速させるPoints of You® ワークショップ

ストレングスファインダー®を活かすための3つの方法

「ストレングスファインダー®って、受けた後どうしたらいいんですか?」
よくいただきます、この質問。

そもそもこれって強みなのかイマイチ分からないし。
弱みになってる気もするし。
かといって、どうしたら強みとして活かしていけるんだろ?

ストレングスファインダー®は性格診断ツールではなく、才能の育成ツールなので、受けた後に続きがあります。

才能を強みとして活かしていくための、3つの方法を書きます。

専門家のコーチングを受ける

一番手っ取り早いのは、ストレングスファインダー®の専門家であるストレングスコーチから、コーチングを受けることです。

ストレングスコーチはストレングスファインダー®を提供している米ギャラップ社主催の、専門のトレーニングを受けています
本やウェブサイトに載っていない、強みの哲学や、才能の取り扱い方、資質の組み合わせなど、様々な情報を提供してくれます

コーチングは単発で受けることもできますし、継続して3か月以上のコーチングを受けることで、才能を強みとして活かしていくことを習慣化させることも可能です。
ストレングスファインダー®の診断結果は、一般的な傾向性を表したものに過ぎず、それが自分の日常にどのように表れているかを紐解くことが、最初のステップになります。

自分のポテンシャルを、対話の中から引き出すコーチがいてくれると、才能がより身近に感じられるようになると思います。
お金はかかりますが、一人でやるよりも、ずっと早く、強みを活かすことが出来るようになるでしょう。

近年ストレングスコーチはとても人気があり、年間100人を超えるようなペースで新しいストレングスコーチが誕生しています。
そのため誰にコーチングをお願いするのか、迷ってしまう人もいるかもしれません。

個人的にストレングスコーチを選ぶときのポイントは、
「コーチであること」「相性」の二つです。

「え? ストレングスコーチってコーチじゃないの?」
と思うかもしれません。
実は、ストレングスコーチになるためのトレーニングの中に、コーチングのトレーニングは含まれていません。
どちらかというとストレングスファインダー®に関する、専門的な知識を学ぶ時間が多いのです。

コーチとしてセッションを機能させるためには、次の3つのことが必要だと言われています。
・コーチングを提供している
・(コーチ自身が)コーチをつけている
・コーチングを学び続けている


中々表に出ている情報だけでは分からない部分もありますが、この3点が揃っていると、コーチングの効果は高いと思います。
(コーチングは、コーチとクライアントの協同関係で成り立っているので、クライアントも、もちろん頑張る必要がありますよ。)

それからもう一つは自分との相性
コーチングは、コーチとの対話を通して、自分の強みや弱みに気付いたり、また目標へと歩んでいくもの。
一緒に旅をするようなイメージです。

どんなにすごいコーチでも、相性が悪い人と旅するのツライですよね。
人と人の相性って、どうにもならない部分があるので、自分の感覚を大事にしてほしいと思います。
体験セッションを提供されているストレングスコーチも多いので、一度受けてみるのも手ですし、また普段SNS等でどんな発信をされているか、チェックしてみましょう。

才能ひとつひとつがユニークであるように、ストレングスコーチにも個性があります。
是非あなたにぴったりのコーチを見つけてみてください。

Coaching Labo LIBERTEでも、ストレングスファインダー®の単発コーチングや、継続コーチングを提供しています。
このウェブサイトを気に入ってくださっている方は、一度覗いてみてくださいね。
体験セッションも受け付けています!

ストレングスファインダー® 資質のプロファイリングストレングスファインダー® 資質のプロファイリング自分を旅する3か月プログラム自分を旅する3か月プログラム

講座やワークショップに参加する

もう一つの方法は、ストレングスコーチが主催している講座やワークショップに参加すること。

ストレングスコーチとのコーチングは1対1のセッションで、自分の才能への理解を深めるものですが、グループでの学びの場合、他の参加者との対話の中から気づきが生まれます

才能は自分では当たり前過ぎて、本当に気づきにくいもの。
グループワークで、自分自身の体験について語ったときに、周りの人から
「うそ!すごい!!」とか
「え~!私それ絶対出来ない!!」とか聞くと、
自分の才能って、どうやら皆にとっては当たり前のことではないらしい、と気づくことが出来ます。

現在ストレングスファインダー®の講座を定期的に開催しているのは、ストレングス・ラボです。
基礎・応用コースの他、組織内でストレングスファインダー®を活用するためのファシリテーションコースや、Points of You®やアンガーマネジメントと組み合わせたオリジナルコースなど、多彩な学びの場を提供しています。

少々お値段が張るので、どちらかというとガチで学びたい人向け。
代表の森川里美コーチは、日本にストレングスファインダー®を広めた第一人者でもあり、彼女が登壇する講座はめちゃめちゃ面白いです。
また、個性豊かなストレングスコーチ達が必ずサポートに入っているので、色んな強み話を聞けるのもメリットですね。
個人的には、値段以上の価値が十分にあると思います。

ただ、残念ながらストレングス・ラボ主催の講座は、現在東京開催のみ。
地方の人には少々ハードルが高いかもしれません。

その場合は、全国各地のストレングスコーチが参加しているワークショップに参加しましょう。
⇒全国のストレングスファインダー®ワークショップ
森川里美コーチが、時々地方に遠征されることもあるので、是非チェックしてみてください。

また私も新大阪にて、定期的にストレングスファインダー®のワークショップを開催しています。
皆さんにお会いするのを楽しみにしているので、こちらもチェックしてみてくださいね!

★残席わずか★【新大阪11/09(土)】自分の取扱説明書(トリセツ)を手に入れる!ストレングスファインダー®ワークショップ

自力で学ぶ

最後に、一番お金がかからない方法が、自力で頑張る
ストレングスファインダー®の診断結果を元に、SNSやウェブサイトで見つけることが出来る情報を頼りに、自己理解を深めていく。
これも、とっても素晴らしいやり方です。

とはいえ、自力で学ぶとしても、一度でいいのでストレングスコーチのコーチングか、講座やワークショップを受けてください、と私はどうしても言いたくなってしまいます。

才能は、自分の無意識の感情・思考・行動のパターンであるため、自分では中々見えない部分が大きい。( そしてギャラップ社の日本語の説明がまた理解しにくいのです、、、 )

継続コーチングを受けてくださっているクライアントを見ていると思うのですが、ストレングスファインダー®の強みの哲学が腹落ちしていると、才能の成長スピードが圧倒的に早くなります。

セッションとセッションの間は、ご自身で自己理解を深め、才能を育てていくわけなのですが、こちらが見ていてビックリするぐらい、才能の扱いが上手くなっていきます。

自力で頑張る場合、どうしても情報のインプットが主になります。
ですが、資質を理解する=自分を理解するではないので、どれだけストレングスファインダー®に関する情報を持っていても、実際には自己理解は進んでいないということも起こ得ます。

またネット上に溢れている情報は、伝わる時に少しずつブレていくもの。
情報発信は誰でも出来ますし、ストレングスファインダー®の強みの哲学から、とっても遠い所にある情報も残念がら出回っているので、それに振り回されてしまうと、とっても勿体ないと思うのです。


才能はしっかりと育てることで、強みへと成長します。
ご紹介した3つ以外にも、きっと方法があると思いますが、一番大切なのは、
「あなたの才能は今、強みとして活かせているか?」
ということです。

もし今のやり方で、成果を出せたり、人間関係が楽になったり、自分を上手くコントロール出来ているなら、どんな方法でも良いと思います。
「人それぞれの成功パターンがある」がストレングスファインダー®の強みの哲学のひとつですから。

是非是非、やってみたこと、そしてその結果を、観察するのを大事にしてくださいね。
上手くいっていない場合は、別のやり方にチャレンジしてみましょう!


ストレングスファインダー®の強みを活かす3つのステップストレングスファインダーStory「あなただけの物語を語ろう」