>>>【オンライン 9/26(日)】旅するストレングスファインダー vol.1「RPGから知る才能(じぶん)」

コーチングとカウンセリングの3つの違い

「傾聴」というキーワードが重なるコーチングとカウンセリングですが、そもそもの目的が異なっています。この記事では二つの比較と共に、ストレングスファインダー®との関わりについて書いています。

カウンセリングはマイナスをゼロに、コーチングはゼロをプラスに

一般的に、カウンセリングでは「問題」を扱います。ここでいう「問題」とはクライアントの人生にマイナスの影響を与えているもの、例えば人間関係のトラウマであったり、自分自身への否定的な思いなどです。
カウンセラーがクライアントの話を丁寧に傾聴することで、心の状態がマイナスからゼロ=通常の状態に戻ることを目指します。

一方でコーチングでも様々なテーマを扱いますが、どちらかというと「そのままでもやっていけなくないが、より良くするためにはどうするか?」というスタンスが近いかなと思います。問題というよりは「課題=チャレンジ」のイメージです。
コーチングはクライアントのパフォーマンス向上や、人としての成長を支援するものであり、トラウマなどの問題解決の手段ではありません。

カウンセリングは過去、コーチングは未来に焦点を当てる

カウンセリングは『なぜそうなったのか?』という過去に焦点を当てることが多いのに対して、コーチングでは『どうすればそうなれるのか?』という未来に焦点を当てます。

例えば「父親との関係が上手くいっていない」というテーマを扱うとしましょう。
カウンセリングの場合、過去の父親との関係の中で何が起きていたのかに焦点を当てます。DVなど精神的、肉体的な苦痛を感じていた場合、負の感情がインナーチャイルドを生み出している場合もあります。
カウンセラーはクライアントの感情に丁寧に寄り添い、少しずつ症状が緩和されるようなサポートを行います。

一方でコーチングでは、父親とどういう関係になることが理想なのかに着目します。今の関係性のどこが気にかかるのか、本当はどうなっていてほしいのか。そこから、その理想の状態に近づくためには何があればいいのか、具体的にどんな行動から始めるのか、コーチとの対話の中で思考を整理していきます。
テーマによっては過去の成功体験から前に進むためのヒントを得ることもありますが、基本的にはいつもクライアントの未来に焦点は戻ります。

カウンセリングは「癒し」、コーチングは「変容」を重視

カウンセリングのプロセスの中で重要視されるのは「Healing=癒し」です。過去に置き去りにされた思いや、未来への漠然とした不安。誰にも否定されることなく、自分の思いを話す中で、少しずつ自己肯定感が芽生えたり、過去の感情を消化することが出来ます。扱うテーマにもよりますが、その癒しのプロセスには、数年間という時間が必要になることもあります。

一方でコーチングの目的は「Transformation=変容」です。さなぎが蝶々になるように、これまでのパターンを変化させて、自分自身を成長させていきます。
さなぎは一見動かないように見えますが、実は内部ではすごい勢いで変化しています。「では何から始めるのか?」という具体的な行動に焦点が当たるのも、コーチングの特徴のひとつです。

コーチングではよく早起きや健康など習慣化のテーマを扱いますが、これまでのパターンを変えていくことは一朝一夕で出来ることではありません。最低でも三か月以上受けることが推奨されており、継続的なサポートをするのはカウンセリングと似ている点です。

ストレングスファインダー®とカウンセリング

現在カウンセリングを必要としている(心身に不調がある)方には、ストレングスファインダー®はお勧めできません

鬱病などを患っている方はもちろんですが、それ以外でも「生活全般に全くヤル気が起きない」「怒りの感情をコントロールできない」といった場合には、まずは一度心療内科など専門家に相談されることをお勧めします。

ストレングスファインダー®は人の成長や才能開発を支援するためのツールであり、診断結果にある才能の活かし方のヒントや行動のアイディアもまた、コーチングがベースになっています。

コーチングでは「ありのままの自分」を認めるプロセスの中で、自分自身の感情を観察したり、時には自分の内側の見たくない部分にも焦点を当てたりします。風邪を引かないよう体を整え鍛えるように、心を整え自分の軸を強くしていくのです。トレーニングによって筋肉痛が起きるように、扱うテーマによっては痛みを伴うこともあります。

精神的に弱るというのは心の風邪を引くようなもので、どんな人にも起こりうることです。風邪を引いている時に必要なのは筋トレではなく、休息と栄養です。

現在心が弱っていると感じる人は、まずは心の風邪をしっかり治すことから始めましょう。そして自分とまっすぐに向き合う準備が出来たら、コーチングを受けることをお勧めします。

コーチングとはコーチングって何?【2021年最新版】コーチングとコンサルティングの3つの違いコーチングを受けることで得られる7つのもの
Coaching Labo LIBERTE 自分を旅する3か月プログラム